毛穴パックの善し悪しを語るサイト

毛穴パックの善し悪しを語るサイト

毛穴パックの善し悪しを語るサイト

毛穴は、毛が生える程度の穴が開いています。
毛が生えるだけではなく、汗や皮脂が出る部分であり、常にキレイにしておく必要があります。
しかし、普通の洗顔だけではなかなか落ちないし、毛穴の汚れは酸化してしまうことで黒くなったり、ニキビができることもありますね。

 

そこで、毛穴パックです。
・剥がし取る毛穴パック
シートタイプのもので、一度水で濡らして毛穴が気になる部分に貼ります。
乾燥したら、それを剥がすと、毛穴に付着していた皮脂や汚れが取れます。
黒地のものは、皮脂が良く見えてスポスポと行なうのには楽しいですね。

 

・洗い流すタイプ
クレイパックが多いですね。
粘土質のものを原料として、肌に付けて乾燥したから洗います。
吸着のある性質で、毛穴の汚れをすっきりととってくれます。

 

というように、普段の洗顔では決して取ることができない汚れや毛穴の奥の皮脂なども取り去ることができます。
この2つの毛穴パックは、定期的にスペシャルケアとして行なうことで、毛穴をキレイに保つことができます。

 

そこで正しい使い方をマスターしましょう。
・シートタイプ
肌表面をきちんと水を濡らす。
シートはむらなく密着させ、乾いたら、ゆっくりと剥がします。

 

・クレイタイプ
蒸しタオルで顔全体を当てます(毛穴を開かせるため)
パックしたい場所にクレイを伸ばして、10分程度置きます。
完全に乾いたら、洗い流します。

 

このような毛穴に有効な毛穴パックは、シートタイプのものは強い吸着で、皮脂などの汚れを吸い取ります。
ということは、周りの肌に大きな負担をかけます。
クレイタイプも同じで、パックそのものは肌負担があるとお考えください。

 

ですから、無理に剥がしたり、乾燥した時にカピカピになっているものを強めに洗浄することで、肌そのものを傷めることになります。
ということは、スペシャルケアとして、時々行なうことが良いということです。

 

パック後のアフターケアでは、保湿を重点的に行いましょう。
毛穴が開きっぱなしになっているので、十分な保湿のあとはガーゼにくるんだ保冷剤などで、毛穴を閉じることが必要なのです。

 

シートタイプの毛穴パックでとりっぱなしでいると大変なことになってしまうのです。
どんな毛穴ケアにしても、大切なのはアフターケアであり、それもいつも行なうことで、肌を十分にいたわらなくてはならないということですね。
できれば、泡洗顔などで、吸着する泡などで毎日少しずつの毛穴ケアをするほうが肌には良いという方も多いですね。

 

 

毛穴の黒ずみを自力でできるだけ綺麗にしたい人にはコチラのサイトがおすすめです。
鼻の黒ずみ除去に役立つおすすめアイテムBEST3!